2019年8月10日土曜日

夏休みは「成長する」チャンス


夏休みも後半に入って来ましたが、いかがお過ごしですか。夏休みの前半、子ども向けの授業をいくつか経験しましたのでご紹介いたします。


子ども動画教室


動画製作とネット投稿のマナーを学ぶ2日間のプログラムで、そのスタッフの1人として参加しました。公募で集まった小学生を4-5人のグループに分けて、各グループに1人スタッフのサポートがつきます。

動画製作は初めての子がほとんどでしたが、その慣れ方のスピードの速さにまず驚きました。2日間で参加した子どもたち全員が作品を完成させ、発表も行うことが出来ました。

グループは低学年と高学年の混成でしたが、初めてその場で会う子たちがすぐ仲良くなって、中には共同製作する子たちも出てきて、ほんとうにすごいなと思いました。

学校でも普段そういった授業があるのでしょうか、投稿マナーを学ぶ場面でもワークシートをすらすらと解いていて、学んだことが実際に生かされていくといいなと思いました。



パワーポイントの個人レッスン


あるワークショップに参加するお子さんのお母さまから、パワーポイントの個人レッスンを依頼されました。グループワークでパワーポイントを使った発表があり、ついていけなくなると困ると思って、というお話でした。

ある日の午後ご自宅に訪問し、カリキュラムは、与えられた時間の4分の3を基礎学習に、残りの4分の1を使って自由なテーマでスライドを作る実習という構成にしました。

長丁場でしたので途中で飽きたり、辛くなってしまわないかなと心配でしたが、新しいことを覚えるのが楽しかったようで、あっという間に時間が過ぎ、自由なテーマのスライドも完成しました。最後は完成したスライドをお母さまに見せてプレゼンするところまでたどり着くことができました。

後日お母さまよりお礼のメールが届きました。お子さんが参加したワークショップでは年上のメンバーと協力し、プレゼン製作の課題を自宅に持ち帰って張り切って作っています。子どもの成長に驚くばかりです、とのことでした。


「プログラミング教育」との関係


来年度、2020年度からの小学校プログラミング教育必修化を踏まえ、今年は特に子ども向けのプログラミング教室やイベントが各地で盛んに行われています。どれも日程や人数が限られているため、参加できなかったお子さんも多いと思いますが、あわてることはありません。なぜなら「プログラミング教育」とは、ひとつの教科ではなく、従来の教科の延長線上にあるものだからです。

今回関わらせていただいた2つ授業は、どちらも発表を伴うものでした。ただ「おもしろかった」で終わらせるのではなく、おもしろさ、たのしさ、工夫したところなど、自分の伝えたいことを考えて作るという、結構ハードルの高い内容でした。

その際に必要なのは、発表したり、自分の考えをまとめ、人に伝えるための思考回路を持っているかどうかということ。IT機器やソフトウエアを使いこなせるかどうか、というのはその先の話です。そしてそれは、いままでの学校の授業でかなり実践されてきている。今回出会った子どもたちは、まさにそういう時代を生きているのだということを実感させてくれました。


大人も一緒に楽しもう


夏休みは、子どもたちがふだん出来ないようなことをたくさん経験できる時期です。特別なイベントや旅行などに行くことができなくても、身近なところに「感動」はあふれている。そういった体験を絵日記や作文で表現するお子さんもいらっしゃることでしょう。

また、そんな子どもたちの姿を動画や写真で記録する保護者の方も多いと思います。その時、子どもたちにも参加してもらい、作品作りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。子どもたちの思いがけず成長した姿を発見することになるかもしれません。

休みが長いとどうしても気が緩みがちになります。どうか事故やケガにはくれぐれも気をつけつつ、大人も子どもも一緒に楽しんでください。それから、お子さまの顔や自宅が写ったSNSの投稿、個人情報の特定につながる画像等には十分に気をつけてくださいね。




ハッピーパソコン教室は8月13日(火)から通常営業です。8/20、9/3はWordpressとExcel基礎体験授業の拡大版を実施予定です。詳しくはホームページをご覧ください。お申し込みお待ちしております。


2019年7月30日火曜日

パソコン教室は安心して「失敗できる」場所


失敗を恐れる原因

「壊れませんか?」

もう数え切れないほど私が聞いてきた、パソコン初心者のセリフです。

パソコンが一般家庭で使えるようになってから20年ほど経ちました。その間、機械もソフトウエアもどんどん進化しています。壊れる確率はどんどん下がっている。なのにこのセリフはずっと同じ。なぜなんでしょう。

私はこの20年、ずっと仕事でパソコンを使い続けていますが、壊れたことはほんの数回。ご家庭での使用の数倍、時には十倍を超えるであろう稼働時間でどうして壊れないのか。

答えは簡単。壊れないように使っているからです。まるで禅問答のようですね(笑)

「壊れませんか?」とおたずねになる初心者の方は、同時に「失敗」も恐れています。失敗したら取り返しがつかないことになる。スイッチが入らなくなったらどうしよう。作った文書を削除してしまったらどうしよう・・・。

最近のパソコンは、一度や二度の失敗でどうにかなってしまうようなヤワな機械ではなくなりました。しかし、やってしまうと障害が出やすくなる操作というのはいくつか存在します。そこさえ押さえておけば、恐れることはありません。


「テキトー」が一番怖い


しょっちゅうパソコンを壊している人もいます。こういう人は「テキトー」に使っていることが多いです。「テキトー」なので、なにか異常が起こった時、自分が何をやった時にそうなったのか憶えていません。また、同じ作業をやるにも毎回違うやり方なので、なかなか操作が覚えられません。

フリーズしたらとりあえず電源ボタンを長押しして強制シャットダウン。次に電源を入れて立ち上がればOKとして、トラブルの原因を追究しないで使い続けてしまう。これ、実はパソコンには一番悪い操作です。OSの仕組み、ハードとOSの関係を無視した無理な使い方は、やがて取り返しがつかないほど大きな傷となってしまいます。

パソコンを壊しやすい人は、せっかちな方が多いです。完全にOSが立ち上がらないうちに、待ちきれなくてマウスやキーボードをガチャガチャ。ハードの仕様や能力の違いでかかる時間はそれぞれですが、OSの準備が整うのには一定の時間がかかります。その繊細な作業をやっている最中にさらに負荷のかかる入力機器からの情報が加わると、起動時間がますますかかってしまうのです。

せっかちなユーザーのみなさん、まずは落ち着いてOSが完全に立ち上がるのを待ちましょう。急がば回れ。OSが整った状態で作業すると、アプリケーションの動きも随分軽くなります。ぜひお試しを。

安心して「失敗」できる場所

ハッピーパソコン教室は、怖がりの初心者さん、テキトーさん、せっかちさんが安心して「失敗」できる場所です。

壊れてしまうような重大な操作ミスをしない工夫、長時間の作業でも疲れない方法、効率的な入力作業といった実務面もさることながら、まずは一番根っこの「パソコンのしくみ」を知ることが大事です。

ご自分のパソコンでは怖くて失敗できないということでしたら、どうぞ教室の備え付けパソコンでどんどん失敗してください。

【参考記事】
Lukeのパソコン三昧-Lukeのパソコン遍歴
このカテゴリーは、買った中古パソコンの分解やメンテナンスについての記事です。
ご興味がある方はお読みください。

ご自分の使い方のチェック、エクセルやワードのスキルチェックなど、どんな細かな学習でもお付き合いいたします。ぜひ一度当教室をお尋ねください。お待ちしております。

おすすめの講座

カフェタイム講座 >>

パソコン基礎講座 >>

お申込み・お問い合わせ


受講お申込み >>

その他のお問い合せ >>

2019年7月18日木曜日

課題解決型学習と基礎学習

こんにちは。ハッピーパソコン教室の講師です。
今日はパソコンソフトの学習方法についてお話しします。

課題解決型学習

  • サークルや自治会の会計に選ばれてExcelのスキルが必要になった
  • 事務職で特定の文書作成スキルが必要になった
  • お店やお教室のチラシを自分で作りたい

課題解決型の学習は、こういった特定の課題があってそれに必要なスキルを学ぶものです。この学習の強みは動機がはっきりしていること。つまり、その課題を解決するためのスキルを身につけるまでの間、学習意欲が継続していくことです。

やる気というのは、他人からもらうことは大変難しいものです。自分で挑むべき課題が見えている人は、運転する車のガソリンが足りなくなった時、自分でガソリンスタンドに行ける人です。

そして課題解決型学習をサポートする講師の役目は、受講生がそのゴールを見失わないように、道のりを具体的に示していくことです。そして現在位置はどこか、常に受講生にフィードバックすることだと思っています。

基礎学習


一方、学びたいパソコンソフトの使用経験がほとんどなく、知識もない場合、具体的な課題を持っていても、何をどう学習していいか皆目見当がつきません。この「見当がつけられる」までソフトの知識と使用経験を一から積み上げていくのが基礎学習です。

 基礎がないまま課題解決型の学習にいきなり入ってしまうと、自分のやりたいことが思うように進みません。知らないことにぶつかると、その都度基礎からやり直し。課題に戻ってきた時には疲れ果て、やる気が失せてしまいます。

パソコンソフトだけではなく、一定の技術・スキルを身につけるには、積み上げるための土台がまず必要です。土台作りは始めは時間がかかります。理解もなかなか進みません。やる気を継続するのも一苦労ですが、ある一線を越えると(これは個人差があります)急に視界が開けてきて、学習の進行スピードが加速していきます。回り道のようで、これが一番効率のよい学習方法といえます。

基礎学習をすっ飛ばすと・・・


実は、パソコン作業で困難を抱えている人の多くが、この基礎学習を飛ばしていきなり課題解決に挑んでいる方々です。できる人の作業を横目でながめている時は「こんなの簡単」と思っていても、いざ自分で作業しようとするとわからなくなってしまう。そんな経験、ありませんか。

Excelでの単純な数値入力一つ取っても、効率的な入力方法を知っているかいないかで作業時間や疲労度が何倍も違います。同じ時間でさばける仕事が何倍も違うとなれば、その浮いた時間に違う仕事が出来たり、もしかしたらお給料や昇進の査定に影響するかも。

ハッピーパソコン教室でできること


当教室では、課題解決型学習・基礎学習、どちらも歓迎です。ワンコイン授業体験会ご参加の方には、まずどちらのタイプの学習がよいかをカウンセリングさせていただきます。そのうえで一番最適なレッスンメニューをご提案いたします。メール・電話でもご相談に応じますので、気軽にお問い合わせください。

固定会場の見花山カフェの営業は、毎週火曜 12:15~16:45 です。受講生がいない時間も講師が常駐しています。ちょっと聞きたいことがあるので寄ってみた、というのも歓迎です。初めての方は、事前にご一報の上ご来校ください。

臨時休校などスケジュールが変わるときはホームページでお知らせしています。そちらも併せてご確認ください。ご来校お待ちしております。


>> ハッピーパソコン教室 見花山カフェホームページ

 >> 教室へのお問い合わせ


2019年4月3日水曜日

カフェタイム、スタートしました

新メニュー「カフェタイム」

カフェタイムとは、3月から見花山カフェで始めた新しい講座メニューです。火曜日午後の営業時間中、予約なしでレッスンが受けられる時間帯です。先週、このカフェタイムに初めてご利用いただける受講生の方が入会されました。

この方はワンコイン授業体験会に参加された方ですが、お話を伺ったところ、すでにお仕事でExcel入力をされているとのこと。けれど基本的なことはあまり知らなくて・・・。それならカフェタイムでお時間のある時に通うのはいかがですか、とお勧めしました。

その"一歩"を踏み出すために


ExcelやWordなどのOffice基礎講座は、本当は時間を決めて集中的に学んだ方が効率よく学べるのですが、何かと用事が多い女性の方々には固定の時間を確保するのが難しい、というのがこの3年間、教室を続けてみてわかったことです。

もちろん、見花山カフェの営業時間は火曜日午後だけですし、限られた時間での開講なのは変わらないのですが、それでも少しずつでも学んで前に進みたい方々になんとかフレキシブルに通ってこられる講座のかたちはないものか、と考えたのがこのカフェタイムでした。

何かを学びたいと思った時に、最初の"一歩"は大事です。そしてその"一歩"を踏み出すハードルは、思ったほど高くないと思うのです。パソコン学習についてもそれは同じです。カフェタイムという講座スタイルがそのハードルを越える力となれればと願っています。
 

怒りませんし、待ってます

 
パソコン講習のエピソードでよく聞くものに、モタモタしていて講師に怒られたとか、講習の速度が速くてついていけなかった、という話があります。これは会場に多人数を集めて行ういわゆる「集合講習」でよく起こることです。

  ハッピーパソコン教室は複数名が一度に学ぶグループレッスンでも最大5名まで。ついていけない方がいれば止まってお待ちします。それから、パソコン初心者の方、まだうまく使えない方が来るのがパソコン教室です。使えるようになるまでていねいにお教えしますし、決して怒りませんのでご心配なく。

 カフェタイムでも同時間に複数名の受講生が来ることを想定していますが、 それぞれの方の学びに支障が出るような詰め込みはしませんのでどうぞご安心ください。

まずはカフェタイムに来てワンコイン500円で45分の授業を体験してみませんか。ご参加いただいたお一人おひとりの生活に合った受講スタイルをご提案させていただきます。お問い合わせお待ちしています。



 >> ワンコイン授業体験会 受講お申し込み

>> ハッピーパソコン教室 見花山カフェ

2019年3月17日日曜日

教室移転・リニューアルで起こったこと

ホームページ作成講座、人気急上昇!

3月5日のオープンから2週間経ちましたが、2回の開講でなんとご来校いただいたすべてのお客様がホームページ・Wordpressを学んで自分でサイトを運営したい、既にホームページを運営しているけれどもっとうまく使いたいと思っている方々。

もともとそういった女性の活躍の場を広げ、パソコン学習を通じて応援したいと始めたパソコン教室でしたので、これは本当に嬉しい現象です。次週の3月19日はWordpressだけのワンコイン体験会。こちらももうすぐ満員です。


Wordpressは女性オーナーの頼れる味方

 ご自分の趣味や特技を活かしてお教室やお店を運営している女性はとても多い。なのに、いまや集客ツール、情報発信ツールとして最も重要視されているネットの使いこなし方やホームページの作り方を教えてもらえるところが本当に少ないのだと、この2週間ほどで痛いほど実感しているところです。

実は、多くのパソコン教室で実施しているホームページ作成講座のほとんどは、HTMLやCSSといったコンピュータ言語を学習するところから始めます。もう一つはホームページ作成の専用ソフトがいくつか販売されていますので、その使い方を学習するパターン。

でもコンピュータ技術者やサイト制作者になるならともかく、自分のお店のホームページを作りたいだけなのに、そんな難しい(と感じる)ことを習う余裕はない、とお考えのオーナーさんは多いんじゃないでしょうか。

講師はインストラクターだけではなく、実はホームページ製作そのものも請け負って仕事をしています。ですので講座の中でもホームページ制作者の視点で具体的なアドバイスをすることができる、というのが当教室の講座の強みだと思います。

当教室のホームページ作成講座はWordpressという、初心者でもプロ並みのデザインで本格的なホームページが作れるシステムを使った講座です。今度の体験会でそれを実感していただけたらと思います。

残念ながら今回のWordpress体験会にご参加いただけなかった方、ふだんのワンコイン体験会でもご希望があればデモンストレーションをいたしますので、遠慮なくお申し出ください。お問い合わせお待ちしています。

>> ワンコイン授業体験会 受講お申し込み

>> ハッピーパソコン教室 見花山カフェ

2019年3月15日金曜日

「見花山カフェ」としてリニューアルオープン!

新しい出会いは突然に・・・

  2019年3月5日(火)に見花山教室の拠点を移転、あらたに「見花山カフェ」としてリニューアルオープンいたしました。

新しい教室の場所は1階でセレクトショップを経営する マイティーハウスさんの2階。
こちらは以前の教室会場と同じ町内でそこから徒歩5分ほどの距離。どうしてその場所に巡り着いたかというと・・・実はよく行く喫茶店への散歩コースだったんです。

住宅街のいつも通る道・・・もうこの場所で30年経営されているそうですが、全然目に止まらなかった。なのにこの時だけ、なぜかすうっと表の看板に惹きつけられて―。

こういう出会いって本当にあるんですね。その翌週にはオーナーさんとお話しし、レンタルスペースの運営方針にも共感できましたので、それから速攻1ヶ月で移転に漕ぎつけた次第です。


週1午後だけの、教室専用スペースの効果

以前の見花山教室との最大の違いは、営業時間中講師が常駐していられること。長時間お部屋を専有していられるメリットを生かし、カフェタイム月謝コースという新しい授業スタイルも考案しました。

リニューアル後2回開講しましたが、ありがたいことに受講生0の日はありません(笑)
次週の3/19には初の試み、Wordpressだけのワンコイン授業体験会を開催、あと少しで満席です。あわてて準備したわりには幸先のよいスタートになり嬉しいです。

週1回、火曜午後のみの営業と曜日の選択肢は狭くなり、これまで他の曜日でご利用いただいていた受講生のみなさまにはご不便をおかけしますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ぜひ新しくなった「見花山カフェ」を見に来てください。


2018年11月29日木曜日

ホームページのお引越し


ホームページ運営の基礎

ホームページ運営には必要な手続き、技術がいくつかあります。設置場所、アドレス、費用、システムの種類などです。はじめにそれぞれ解説していきますね。

  • 設置場所
    自分の伝えたい情報をホームページとして作り、GoogleやYahoo!などの検索エンジン検索させ、誰でも閲覧できるようにしたいなら、サーバーと呼ばれるコンピューターに保存し、インターネット回線を利用して誰でもアクセスできるようにする必要があります。通常、サーバー業者と有料で契約し利用登録をすると使えるようになります。
  • アドレス
    チラシやパンフレットにお店や会社のホームページのアドレスを表示して、アクセスを促す例はよく見かけます。しかし無意味な文字列だと憶えてもらえないので、その組織の名前、所在地などをアドレスに入れると分かりやすくなります。しかし、アドレスはそれぞれの国で管理する組織が決まっており、希望するアドレスを取るにはその組織に取れるかどうかを問い合わせる必要があります。車のナンバーと同じで同じものは作れないからです。これも通常、代行業者と契約して有料で使用料を払って利用することになります。
  • 費用
    ホームページアドレス(URL・ドメイン)やサーバーを使う場合、有料契約をするなら年間数千円~数万円かかります。しかし、広告表示など一定の条件を承諾するなら無料で使えるものがあり、代表的なのが楽天やAmebaブログなどです。このハッピーパソコン教室のブログもGoogleの無料ブログを利用しています。ただし、自分の発信したい情報にそぐわない広告が表示されてしまったり、編集機能に一定の制限があったりします。
  • システムの種類
    各社の無料ブログやハッピーパソコン教室の講座でご紹介しているWordpressなどは、それほど高度な技術を知らなくても運営できる簡単なシステムです。しかし、他の利用したい機能、例えばネットショッピングの買い物カゴやカード決済機能、画像や動画の高度な表示などは、やはりそれなりの技術がないと実現できません。契約したサーバーやドメインもただ契約しただけでは使えず、設置方法などサーバー管理会社の指示に従って設定する必要があります。

ホームページのお引っ越し

 ある組織のホームページが、事情でサーバーの契約期間が継続手続きをしないまま終了してしまい、閲覧できなくなるという事態が起こりました。ドメインは契約継続の処置をしていたため使えるようになっていたのですが、肝心のホームページを置いていた場所がなくなってしまったので、当然置いていたファイルも消失し、誰もアクセスできなくなってしまったのです。

そこで新たにホームページを作成し、持っているドメインが適用できるサーバーに移転することにしました。

手続きは本物の引越と同じで、まず新しい住まいに荷物を運びます。そして次に、住まいのある自治体に転入届を出して、引越が完了です。荷物がホームページを構成するファイル群、新しい住まいが新しく契約したサーバーです。転入届はドメインの管理代行会社に届け出ます。

引っ越ししたら家族や友人知人に転居を知らせるはがきやメールを出しますね。しかし、ホームページを見に来る人は必ずしも知り合いとは限りません。なので、代わりに検索エンジンに「新しくホームページができたよ~!」と知らせて、検索してもらいやすくする必要があります。

今回のホームページ移転ではドメインが同じだったので、検索エンジンへの再登録はしないですみましたが、まったく新しいホームページを開設した場合、このプロセスは必須です。別のある組織ではその手続きをせず、検索してもらいやすくするプログラム上の記述もなかったので、せっかくホームページを作ったのに、何年も検索エンジンに引っかからないということも実際に起こっています。

ハッピーパソコン教室のホームページ作成講座

ホームページを一度も作ったことのない方は、今回のお話は知らないことばも多く、難しく感じたかも知れません。しかし、何事も習い、慣れろ、です。

ハッピーパソコン教室では、単にホームページの形だけを作ることを目指してはいません。サーバーやドメインの仕組み、検索エンジンのしくみ、情報を分かりやすく伝える方法を学習し、 時間をかけ手間をかけて作ったホームページが、その情報をほしいと思っている人に確実に届くような仕掛けをきちんと入れた、いわば "生きた" ホームページ作りを目指していきます。

ホームページ作成にご興味ある方、真に生きたホームページを作りたい方、ぜひハッピーパソコン教室のホームページ作成講座にお申し込みください。授業体験も行っています。お問い合わせお待ちしています。

【おすすめのテキスト】

よくわかるHTML5&CSS3の解説書



 >> ハッピーパソコン教室へのお問い合わせ

>> ホームページ作成講座