2019年4月3日水曜日

カフェタイム、スタートしました

新メニュー「カフェタイム」

カフェタイムとは、3月から見花山カフェで始めた新しい講座メニューです。火曜日午後の営業時間中、予約なしでレッスンが受けられる時間帯です。先週、このカフェタイムに初めてご利用いただける受講生の方が入会されました。

この方はワンコイン授業体験会に参加された方ですが、お話を伺ったところ、すでにお仕事でExcel入力をされているとのこと。けれど基本的なことはあまり知らなくて・・・。それならカフェタイムでお時間のある時に通うのはいかがですか、とお勧めしました。

その"一歩"を踏み出すために


ExcelやWordなどのOffice基礎講座は、本当は時間を決めて集中的に学んだ方が効率よく学べるのですが、何かと用事が多い女性の方々には固定の時間を確保するのが難しい、というのがこの3年間、教室を続けてみてわかったことです。

もちろん、見花山カフェの営業時間は火曜日午後だけですし、限られた時間での開講なのは変わらないのですが、それでも少しずつでも学んで前に進みたい方々になんとかフレキシブルに通ってこられる講座のかたちはないものか、と考えたのがこのカフェタイムでした。

何かを学びたいと思った時に、最初の"一歩"は大事です。そしてその"一歩"を踏み出すハードルは、思ったほど高くないと思うのです。パソコン学習についてもそれは同じです。カフェタイムという講座スタイルがそのハードルを越える力となれればと願っています。
 

怒りませんし、待ってます

 
パソコン講習のエピソードでよく聞くものに、モタモタしていて講師に怒られたとか、講習の速度が速くてついていけなかった、という話があります。これは会場に多人数を集めて行ういわゆる「集合講習」でよく起こることです。

  ハッピーパソコン教室は複数名が一度に学ぶグループレッスンでも最大5名まで。ついていけない方がいれば止まってお待ちします。それから、パソコン初心者の方、まだうまく使えない方が来るのがパソコン教室です。使えるようになるまでていねいにお教えしますし、決して怒りませんのでご心配なく。

 カフェタイムでも同時間に複数名の受講生が来ることを想定していますが、 それぞれの方の学びに支障が出るような詰め込みはしませんのでどうぞご安心ください。

まずはカフェタイムに来てワンコイン500円で45分の授業を体験してみませんか。ご参加いただいたお一人おひとりの生活に合った受講スタイルをご提案させていただきます。お問い合わせお待ちしています。



 >> ワンコイン授業体験会 受講お申し込み

>> ハッピーパソコン教室 見花山カフェ

2019年3月17日日曜日

教室移転・リニューアルで起こったこと

ホームページ作成講座、人気急上昇!

3月5日のオープンから2週間経ちましたが、2回の開講でなんとご来校いただいたすべてのお客様がホームページ・Wordpressを学んで自分でサイトを運営したい、既にホームページを運営しているけれどもっとうまく使いたいと思っている方々。

もともとそういった女性の活躍の場を広げ、パソコン学習を通じて応援したいと始めたパソコン教室でしたので、これは本当に嬉しい現象です。次週の3月19日はWordpressだけのワンコイン体験会。こちらももうすぐ満員です。


Wordpressは女性オーナーの頼れる味方

 ご自分の趣味や特技を活かしてお教室やお店を運営している女性はとても多い。なのに、いまや集客ツール、情報発信ツールとして最も重要視されているネットの使いこなし方やホームページの作り方を教えてもらえるところが本当に少ないのだと、この2週間ほどで痛いほど実感しているところです。

実は、多くのパソコン教室で実施しているホームページ作成講座のほとんどは、HTMLやCSSといったコンピュータ言語を学習するところから始めます。もう一つはホームページ作成の専用ソフトがいくつか販売されていますので、その使い方を学習するパターン。

でもコンピュータ技術者やサイト制作者になるならともかく、自分のお店のホームページを作りたいだけなのに、そんな難しい(と感じる)ことを習う余裕はない、とお考えのオーナーさんは多いんじゃないでしょうか。

講師はインストラクターだけではなく、実はホームページ製作そのものも請け負って仕事をしています。ですので講座の中でもホームページ制作者の視点で具体的なアドバイスをすることができる、というのが当教室の講座の強みだと思います。

当教室のホームページ作成講座はWordpressという、初心者でもプロ並みのデザインで本格的なホームページが作れるシステムを使った講座です。今度の体験会でそれを実感していただけたらと思います。

残念ながら今回のWordpress体験会にご参加いただけなかった方、ふだんのワンコイン体験会でもご希望があればデモンストレーションをいたしますので、遠慮なくお申し出ください。お問い合わせお待ちしています。

>> ワンコイン授業体験会 受講お申し込み

>> ハッピーパソコン教室 見花山カフェ

2019年3月15日金曜日

「見花山カフェ」としてリニューアルオープン!

新しい出会いは突然に・・・

  2019年3月5日(火)に見花山教室の拠点を移転、あらたに「見花山カフェ」としてリニューアルオープンいたしました。

新しい教室の場所は1階でセレクトショップを経営する マイティーハウスさんの2階。
こちらは以前の教室会場と同じ町内でそこから徒歩5分ほどの距離。どうしてその場所に巡り着いたかというと・・・実はよく行く喫茶店への散歩コースだったんです。

住宅街のいつも通る道・・・もうこの場所で30年経営されているそうですが、全然目に止まらなかった。なのにこの時だけ、なぜかすうっと表の看板に惹きつけられて―。

こういう出会いって本当にあるんですね。その翌週にはオーナーさんとお話しし、レンタルスペースの運営方針にも共感できましたので、それから速攻1ヶ月で移転に漕ぎつけた次第です。


週1午後だけの、教室専用スペースの効果

以前の見花山教室との最大の違いは、営業時間中講師が常駐していられること。長時間お部屋を専有していられるメリットを生かし、カフェタイム月謝コースという新しい授業スタイルも考案しました。

リニューアル後2回開講しましたが、ありがたいことに受講生0の日はありません(笑)
次週の3/19には初の試み、Wordpressだけのワンコイン授業体験会を開催、あと少しで満席です。あわてて準備したわりには幸先のよいスタートになり嬉しいです。

週1回、火曜午後のみの営業と曜日の選択肢は狭くなり、これまで他の曜日でご利用いただいていた受講生のみなさまにはご不便をおかけしますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ぜひ新しくなった「見花山カフェ」を見に来てください。


2018年11月29日木曜日

ホームページのお引越し


ホームページ運営の基礎

ホームページ運営には必要な手続き、技術がいくつかあります。設置場所、アドレス、費用、システムの種類などです。はじめにそれぞれ解説していきますね。

  • 設置場所
    自分の伝えたい情報をホームページとして作り、GoogleやYahoo!などの検索エンジン検索させ、誰でも閲覧できるようにしたいなら、サーバーと呼ばれるコンピューターに保存し、インターネット回線を利用して誰でもアクセスできるようにする必要があります。通常、サーバー業者と有料で契約し利用登録をすると使えるようになります。
  • アドレス
    チラシやパンフレットにお店や会社のホームページのアドレスを表示して、アクセスを促す例はよく見かけます。しかし無意味な文字列だと憶えてもらえないので、その組織の名前、所在地などをアドレスに入れると分かりやすくなります。しかし、アドレスはそれぞれの国で管理する組織が決まっており、希望するアドレスを取るにはその組織に取れるかどうかを問い合わせる必要があります。車のナンバーと同じで同じものは作れないからです。これも通常、代行業者と契約して有料で使用料を払って利用することになります。
  • 費用
    ホームページアドレス(URL・ドメイン)やサーバーを使う場合、有料契約をするなら年間数千円~数万円かかります。しかし、広告表示など一定の条件を承諾するなら無料で使えるものがあり、代表的なのが楽天やAmebaブログなどです。このハッピーパソコン教室のブログもGoogleの無料ブログを利用しています。ただし、自分の発信したい情報にそぐわない広告が表示されてしまったり、編集機能に一定の制限があったりします。
  • システムの種類
    各社の無料ブログやハッピーパソコン教室の講座でご紹介しているWordpressなどは、それほど高度な技術を知らなくても運営できる簡単なシステムです。しかし、他の利用したい機能、例えばネットショッピングの買い物カゴやカード決済機能、画像や動画の高度な表示などは、やはりそれなりの技術がないと実現できません。契約したサーバーやドメインもただ契約しただけでは使えず、設置方法などサーバー管理会社の指示に従って設定する必要があります。

ホームページのお引っ越し

 ある組織のホームページが、事情でサーバーの契約期間が継続手続きをしないまま終了してしまい、閲覧できなくなるという事態が起こりました。ドメインは契約継続の処置をしていたため使えるようになっていたのですが、肝心のホームページを置いていた場所がなくなってしまったので、当然置いていたファイルも消失し、誰もアクセスできなくなってしまったのです。

そこで新たにホームページを作成し、持っているドメインが適用できるサーバーに移転することにしました。

手続きは本物の引越と同じで、まず新しい住まいに荷物を運びます。そして次に、住まいのある自治体に転入届を出して、引越が完了です。荷物がホームページを構成するファイル群、新しい住まいが新しく契約したサーバーです。転入届はドメインの管理代行会社に届け出ます。

引っ越ししたら家族や友人知人に転居を知らせるはがきやメールを出しますね。しかし、ホームページを見に来る人は必ずしも知り合いとは限りません。なので、代わりに検索エンジンに「新しくホームページができたよ~!」と知らせて、検索してもらいやすくする必要があります。

今回のホームページ移転ではドメインが同じだったので、検索エンジンへの再登録はしないですみましたが、まったく新しいホームページを開設した場合、このプロセスは必須です。別のある組織ではその手続きをせず、検索してもらいやすくするプログラム上の記述もなかったので、せっかくホームページを作ったのに、何年も検索エンジンに引っかからないということも実際に起こっています。

ハッピーパソコン教室のホームページ作成講座

ホームページを一度も作ったことのない方は、今回のお話は知らないことばも多く、難しく感じたかも知れません。しかし、何事も習い、慣れろ、です。

ハッピーパソコン教室では、単にホームページの形だけを作ることを目指してはいません。サーバーやドメインの仕組み、検索エンジンのしくみ、情報を分かりやすく伝える方法を学習し、 時間をかけ手間をかけて作ったホームページが、その情報をほしいと思っている人に確実に届くような仕掛けをきちんと入れた、いわば "生きた" ホームページ作りを目指していきます。

ホームページ作成にご興味ある方、真に生きたホームページを作りたい方、ぜひハッピーパソコン教室のホームページ作成講座にお申し込みください。授業体験も行っています。お問い合わせお待ちしています。

【おすすめのテキスト】

よくわかるHTML5&CSS3の解説書



 >> ハッピーパソコン教室へのお問い合わせ

>> ホームページ作成講座

2018年10月3日水曜日

PCボランティア、その後

 

パソコンボランティアとインストラクターデビュー

こんにちは。ハッピーパソコン教室のメイン講師です。今日は私がパソコンインストラクターになった経緯をお話ししますね。

パソコンを使った仕事のキャリア(文書編集やデータ入力)はもうかれこれ30年くらいになるのですが、パソコンインストラクターとして活動するようになったのは今から14年ほど前、2004年頃からです。きっかけはほんの些細なこと、それまでずっと内勤の仕事だったので外に出てみたくなったのです。

その頃ちょうど「パソコンボランティア」という活動があるのを知り、思い切って足を向けてみたのです。近所の地区センターでは区役所主催の高齢者向けパソコン教室でのボランティア講師養成講座も始まったので、受講してみました。それまでパソコン操作についてはそれなりの自信があったのですが、いざ教える立場で改めて自分のスキルを振り返ると、なんとまあ知らないこと、あやふやなことが多いこと!それから一念発起してインストラクターとしての勉強を始めました。

パソコンボランティアは、当時「デジタルデバイド」と呼ばれていた、携帯電話やデジタル機器、インターネットを使えないことで社会的不利益を被るという一種の格差のことで、それを解消すべく始まったボランティア活動です。私はそれまでパソコンやITの知識・スキルで生活が支えられてきましたので、パソコン操作を学ぶ機会を得て一人でも多くの人が、私と同じように活躍できるようになればと考えたのです。

ボランティア養成講座の講師の言葉はいまでも鮮明に覚えています。「有償であろうと無償であろうと、受講生の前に立ったら、あなたはプロの講師です。」

プロはプロフェッショナルのこと。一般的にはその技術やスキルでお金が稼げる職業人を指しますが、ここでの「プロ」は「専門家」という意味。日本におけるボランティア活動は無償が多く、それゆえ仕事の質がたとえ低くても仕方ない、と思われてしまうこともたびたびです。しかしその講師は断固として「ボランティアだからといって自己鍛錬をおこたるな!」と言いたかったのだと思います。

私は、インストラクターとしての資質をボランティア活動の中で学びました。私の所属していたパソコンボランティア団体の活動の質はとても高く、そこでの経験は、数年後にお金を稼ぐパソコンインストラクターとしてデビューした時、そのまま使えるものばかりでした。ちょっとの好奇心で踏み出した道にも、こんな人生を変える出会いがあるのです。


一期一会

今年の6月からある施設で月2回実施されているパソコン教室のボランティア講師をしています。前述のボランティア団体には今でも所属していて、そこからの依頼です。様々な事情で社会に出られず困難を抱えている方々に、基本的なパソコンスキルを身につけてもらうのが目的です。

対象の方々が定期的に受講しにくい方々であるがゆえに、継続したカリキュラムを組むことができないのですが、どの時点から受講しても役に立つ内容を考えて実施しています。もしかしたらこの1回の受講で次はないかも知れない。しかしこの1回がその人に将来役立つかも知れない。そんな出会いが作れたらなあ、と思っています。


教えるスキルアップ

パソコンやスマホの普及が進み、使ったことがない、使えないという方は格段に減りました。「デジタルデバイド」という言葉もいつしか聞かなくなりました。いまや事務の求人記事で「パソコンが使える人」と書いてあるのは当たり前ですし、大学生が就活前に、履歴書に書けるパソコン資格を取得するのも常識となりつつあります。しかし、依然として「パソコンスキルの習得」というニーズは確実に存在しています。

パソコンボランティアの所でも書いたとおり、パソコンをなんとなく使えることと、職業としてパソコンを使いこなす、指導できるというレベルはまったく違います。そして、人に教えることは、実は自分のスキルアップへと返ってくることでもあるのです。

ハッピーパソコン教室では、パソコンインストラクター志望の方に学習と実習の機会を設けています。スキルや経験が足りないかなとお考えの方も、とりあえず好奇心があればOK!ぜひ一度お問い合わせください。

 >> ハッピーパソコン教室へのお問い合わせ

>> インストラクター養成講座



2018年3月5日月曜日

入力・タッチタイピング考


タッチタイピングの効果

現在受講中の2名は共にパソコン基礎から学ばれ、Word基礎、Excel基礎と進んでいる最中です。タイピングソフトを使って家で練習をしている方は特に上達がめざましく、入力がかなり早くなりました。おかげで、入力以外の操作習得に集中できているようです。

入力が手間取り誤字脱字に気を取られていると、その作業に嫌気が差して文書作成自体の進捗にも大きく影響します。この方を見ていると、あらためてキーボード入力はパソコン操作の基本であることを実感します。
 

入力がだいじなわけ

例えばWord文書の作成ですが、レイアウトや書式設定、図形の挿入などは中盤以降の作業で、まずはひたすらテキスト入力です。もちろんレイアウトの段階になって加筆・修正などの必要は出てくると思いますが、それをやるにも最初の内容(テキスト)がなければ始まりません。

このように文書作成で大部分の時間を費やす入力作業は、出来るだけ楽に行いたいですよね。よく、片手だけでキーを叩いている人を見かけますが、これでは入力のスピードのみならず、体の片方だけ使うので疲れてしまいます。疲れると誤字脱字も多くなります。両手をバランスよく使うタッチタイピングは、長時間の入力にも威力を発揮します。

タッチタイピングが出来ていないにもかかわらず取り組もうとしない人の多くは、そのような長時間、長文の入力の必要をあまり感じてこなかった人なのだと思います。 しかし、事務職で就職し、締め切り時間がある中である程度の入力をこなすためには、やはりタッチタイピングは必要です。

そしてタッチタイピングをマスターするには、地道にコツコツ練習するしかない。最初はしかたなくでもいいから、毎日5分10分練習してみる。そうしてタッチタイピングが出来るようになって、あらためて入力作業をしてみると、その効果はパソコン作業のあらゆるところに現れてくることに気づくでしょう。

教室で好評なのはこのタイピングソフト。ご参考に。


(CD-ROM付)美タイピング完全マスター練習帳
Windows 10/8.1/8/7/Vista対応



ネット環境が整っている方はオンラインで出来るe-タイピングもぜひお試しください。

ショートカットキーを使いこなそう

もう一つ、入力作業の効率化に役立つものにショートカットキーがあります。みなさんはどんなショートカットをご存じですか?

CTRL+C ・・・コピー
CTRL+V ・・・貼り付け
CTRL+X ・・・切り取り

これらはよく使われているもので、WindowsもMacも同じです。

特にExcelは数字の入力に集中してくると、マウス操作がだんだんわずらわしくなってきます。ショートカットキーをうまく使って作業を楽に進めたいですね。

講師が覚えてよく使っているのは、ALT+↓  と CTRL+PageDown(UP)
何ができるかは、下記リンクで調べてみて下さいね。

参考:Excel for Windows のショートカット キー


たかが入力、されど入力

タッチタイピングをマスターしたり、ショートカットキーを覚えたり、というのは最初はとてもおっくうなものですが、慣れてくると、もうその操作自体気にならなくなります。つまり、操作に頭を使わない分、文章を考えたり集計を組み立てたりという、文書作成本来の目的に集中できるのです。

パソコンは道具です。操作に振り回される段階から、使いこなす段階にステップアップした時、みなさんのクリエイティビティ(創造性)が遺憾なく発揮されることを願ってやみません。

ハッピーパソコン教室では、タッチタイピングだけのレッスンも大歓迎。フリータイムまたは個人レッスンで承ります。詳しくはお気軽にご相談ください。

  >> ハッピーパソコン教室ホームページへ








2018年2月18日日曜日

MOS受験対策

パソコンと履歴書

履歴書に書ける資格、MOS(Microsoft Office Specialist)取得を目指しませんか

4月からの就職活動に合わせ、パソコン学習を始める方もいらっしゃると思います。もちろん、パソコン教室や自己学習で基本操作を身につければ、一般事務に必要なパソコンスキルは十分です。ただ、自己申告で「Wordが使えます」「Excelが使えます」と言っても、具体的にどのレベルまで使えるのか、採用担当者にはよく分かりません。

パソコン資格には様々なものがありますが、中でも書類選考においてアピール度が高いのがMOS(Microsoft Office Specialist)です。MOSはWordやExcelなどのOfficeアプリケーションソフトを開発・販売しているメーカー、Microsoft社が認定する民間資格です。今やMicrosoft Officeは一般企業の事務仕事で圧倒的なシェアを占めるブランドであり、その名を知らない人はいないでしょう。またMicrosoft Officeは商品名であり、他のパソコン資格ではこの商品名を名乗ることができません。

ですので、履歴書の資格欄に「Word」「Excel」と書ける唯一の資格がMOSなのです。
 

MOS受験対策のメリット

 このように就活に有利に働く可能性のあるMOS資格ですが、それ以外にも受験対策に取り組むメリットが多いと、講師は考えています。それは、試験のスタイルです。MOSの試験方法が、Office2013から大きく変わりました。それ以前のバージョンで採用されていたアプリケーション機能の個々のパーツについての知識を問う形式から、実務に近い課題を与えられてそれを完成していくというタスク方式に変わったのです。

先日、他社の企業研修でOffice最新バージョン2016でのMOS受験対策講座に行き、サブ講師としてお仕事をしました。受講生をよく観察していると、一つひとつの機能について丸覚えしようとする人と、作成する文書の使用目的を踏まえた完成形を頭に描ける人では、ずいぶんと理解度がちがうなあと感じる場面が多くありました。

このMOSの新しい試験形式は、設問を読んで、文書を完成させるためにどの機能を選択しなければならないのか、 その文書の完成した姿はどのようなものかを短時間で把握できる能力が求められています。ですので、この試験に合格するレベルまで学習を進めれば、実務能力もおのずと身についてくる、というわけです。

集中力を発揮する訓練

 家事育児に忙しい女性のみなさんは、試験勉強にしても、それ以外のパソコン学習にしても集中する時間を取りにくいことは、講師も十分承知しています。しかし、そのような制約の中で短時間でも集中して学習をする姿勢を身につけることは、めでたく就職できた後、実務においても大きなアドバンテージになることは間違いないでしょう。実際、採用担当者が就職希望者の履歴書を見る時、資格の専門性や難易度より、資格取得に向け努力したその人自身の姿勢をみている、ということも聞いています。

 数あるパソコン資格の中で、取得者に大きなメリットのあるMOS資格、ぜひトライしてみてください。ハッピーパソコン教室では、初心者から資格取得まで、しっかりサポートしていきます。パソコン学習に関してお悩みのある方は、遠慮せずお気軽にご相談ください。学習スケジュールなども柔軟に対応いたします。お問い合わせお待ちしています。

  >> ハッピーパソコン教室へのお問い合わせ